2015年7月の記事

可愛い猫の切り絵ふきん

まだ桜の咲く頃、鎌倉の長谷駅周辺に散策に行ってきました。長谷駅から鎌倉の大仏で有名な高徳院までの道のりの途中に 「鎌倉 ねこや」という看板を発見!「ねこや」と

まだ桜の咲く頃、鎌倉の長谷駅周辺に散策に行ってきました。
長谷駅から鎌倉の大仏で有名な高徳院までの道のりの途中に
「鎌倉 ねこや」という看板を発見!「ねこや」というくらいなので
きっと猫雑貨がたくさんあるんだろう!と店先をのぞいてみると・・・。

猫好きにはたまらないくらい猫雑貨であふれていました!
その中でパッと目に飛び込んできたのが「切り絵ふきん」でした。
迷わず1枚購入!!

心に残るひとことと、可愛い猫の切り絵ふきん

切り絵ふきん①

なんとも可愛い表情の猫の絵に素敵な言葉が添えられた布巾。切り絵作家、井上まさ子さんの作品を布巾に染めているそうです。
色々な種類の布巾があるなかで

「心配はすればするほどわいてくる」

という布巾を選びました。心配性な私にはピッタリ!余計な心配はするまい!という気持ちになりました。

ふきんとしてだけではなくハンカチや、額に飾ってインテリアに

切り絵ふきん②

「ふきん」ではありますが、食器を拭くだけではなんだかもったいないですね。出かけたときに、ハンカチとして使ったり、額に入れて和室などの壁に飾ってみれば、とてもいい感じなインテリアにもなります。

切り絵ふきん③

布巾の写真を撮っていたら、どっかりと布巾の上に猫が寝そべってきました(笑)うちの愛猫こむぎも気に入ったようです!

商品の端が切りっぱなしになっているわけ

切り絵ふきん④

布巾の端の部分を見てみると、縫製されておらず切りっぱなしになっていることに気がつきました。ほつれないのかな?とちょっと心配になりましたが、切りっぱなしにしているのには何か訳があるんだろうと思い調べてみました。

端を切りっぱなしにすることによって、水分や汚れが抜けやすく、乾きやすくなるためいつでも清潔に使用することができるそうです。これは古来からの方法だそうです。「いつでも清潔なまま使ってほしい」作り手の気遣いが伝わってきます。

切り絵ふきん⑤

生地の拡大写真です。生地は綿100%ですので吸水性が高く、肌ざわりも柔らかです。
こんなに可愛いふきん。1枚手にしたら他の種類も集めたくなってしまいますね!
鎌倉に訪れたときには、是非立ち寄ってみて下さい。

「切り絵ふきん」を購入したお店 鎌倉ねこや
「切り絵ふきん」が購入できるオンラインショップ 桃の木