からだをこすりつけてくる

猫が近づいてきて顔や体をスリスリと人の体にすりつけてくる仕草を見ると、『甘えてるのかな?』と、ちょっと嬉しい気持ちになります。ですが、このしぐさ実は甘えているの

猫が近づいてきて顔や体をスリスリと人の体にすりつけてくる仕草を見ると、『甘えてるのかな?』と、ちょっと嬉しい気持ちになります。ですが、このしぐさ実は甘えているのではなく、自分のにおいをつけているんです。

自分の匂いをつけて安心感を得ています

surisuri-neko02

猫の頬やあご、シッポ、肛門、肉球などには、においを出す臭腺という器官があります。この臭腺から出るにおいを自分の身のまわりのものにこすりつけることによって、「これは自分のものだよ!」と主張しているようです。

このにおいは人間にはわからないほどわずかなにおいです。家の柱や家具に自分のにおいをつけることによって「ここは安心な場所」と認識しています。

飼い主にスリスリとにおいをつけるのは、自分のものだよ!とアピールしているのではないでしょうか。